初商い

昨年入社の営業社員、寺田君が先日「初商い」をしてきました。
私事ながら、思い返せば私の初商いは熊本県北部にある某市の某病院の奥様でした。入社2年目、平成11年のことです。
その当時、熊本の地元百貨店に毎年6月と11月に約1ヶ月間の長期出張をして、百貨店の外商さんとお客様宅を訪問販売して歩くという試練(?)を課せられていた私ですが
入社当初は今にも増してどんくさい上に、要領も悪い、知識もない、極度の人見知り、見た目がパッとしない…という悪条件が重なり、一回目、二回目と結果は散々でした。
お客様のお宅に訪問する以前に、まず身内であるはずの外商さんの事務所でろくに相手にされず、当時私が同行させていただいていた上司にばかり商談が集中し、
挙句の果てにはあるベテラン外商さんから「ヌシ(君)と回ったばってん売れんもんね、今日は遊んでてヨカよ」と冷たく言い放たれ、美術画廊にほったらかしにされ、今だから言えますが熊本市内の上通商店街の漫画喫茶で『キン肉マン』を全巻制覇したこともありました。もちろん一日で、です。後日『タッチ』に挑戦したこともあったと思います。
私と同期の営業が、他の百貨店で次々に商談を成立させている状況で、「もうやめよっかな、この会社」と思っていた矢先、
当時30代後半の外商さんが「一軒連れてってあげるけん、今からヨカね?」と声をかけてもらってお邪魔したのが、前述の病院でした。
初商いの作品は徳富蘇峰の達磨の自画賛でしたが、そちらの病院の奥様に
「あなたがそんなに奨めてくれるなら」と言っていただいたのを今でも覚えています。
もう今ではほとんどの方が百貨店を定年退職されたと風の噂で聞いておりますが、当時のその熊本のベテラン外商さん連中には苦汁をなめさせられたとその当時は恨みもしましたが、「拾う神あり」でした。
結局今まで16年この会社に在籍し、その後もいろいろな局面で退職が頭をよぎったこともありましたが、思いとどまったのはいろんなお客様の一言だったと思います。
…で、寺田君がそのはじめて一人で商談に行く前日、思い悩み、緊張している彼に
「たぶん売れへんし、売れたら焼肉おごったるわ」と冷やかしで言ってしまったがために、今度焼肉に連れて行く破目になりました。
嫌な上司になりました。
(入江)
hatsuakinai.gif

琵琶一

先日、倉庫で探し物をしていると、たまたま「近江国細見図」という琵琶湖とその周辺の都市や
街道・名所旧跡などを描いた地図(木版)が目に留まり、その地図を広げながら、十年以上前、
まだ学生の頃に自転車で琵琶湖一周したことをふと思い出しました。
(注:サボっているわけではありません。)
img1.jpg
京都・滋賀付近に住む、少々体力と時間の余っている人間にとって、琵琶湖一周は格好のチャレンジ(暇つぶし)で「琵琶一(ビワイチ)」の愛称で親しまれ、居酒屋で得意げに話す学生もよくいます。
「一日で回ってきた」なんて言う友人がいたので、なんだそんなものかと思い、地図も持たずロクな準備もせずに出発。あまりの過酷さに殆ど観光もできず、回りながら準備不足をとても後悔したことが苦笑いとともに思い出されました。
後々聞くと、琵琶湖をほぼ一周しようとすると、どんな回り方をしても160km~200km位あるらしく、そりゃあどんなに漕いでも中々ゴールしないわけです、、、。
この「近江国細見図」が作られた当時(寛保二年刊)に琵琶湖一周しようなんて事を実行した人が
どの位いたのかは定かではありませんが、徒歩での達成は困難を極めたことでしょう。
しかし、湖岸付近だけでも、彦根城や石山寺、三井寺など見所は多く、そして東海道五十三次の宿場の一つである大津宿、草津宿などの宿場町もあります。
当時の人たちは、今とは比べ物にならない苦労・危険に直面ながらも、それに負けないくらいの楽しみや達成感を感じてこの琵琶湖岸を歩いたのではないでしょうか。
少々体力に自信がなくなりましたが、いくらか大人になった今、今度はしっかり地図を持って、名所旧跡を訪れながら当時の自分や江戸の旅人に思いを巡らし、もう一度琵琶湖を一周してみようと思います。
 、、、、、、車で。
(西原)

登る富士

富士山が世界遺産に登録されて早2カ月になろうとしています。
富士山1
私は過去4度富士登頂にチャレンジし、いずれもなんとか登頂できました。
そして4度ともにいわゆる「弾丸登山」スタイルで登っています。
登る時期はいつもお盆のいまくらいで、登山者がピークの時期です。
最近耳にする「弾丸登山」とはわずかな仮眠のみ、あるいは仮眠なしで登頂し、
ご来光を拝み、すぐ下山することを言います。
私の場合は4度とも旅行会社のツアーに参加し、朝の9時ごろ京都駅などに集合しバスで富士山五合目
まで行きます。
到着時間は渋滞にもよりますが夕方16~17時。
遅くとも18時には五合目を出発して8合目でわずかな仮眠。
(運がいいと2~3時間、登山渋滞によっては1時間くらいの時も)
ご来光が午前5時頃ですのでこの時間には登頂して万歳三唱して下山。
下山は登りに比べ格段に早く、人によりますが午前9~10時頃には5合目に到着します。
毎回この行程で富士登山をしています。
(ちなみに、ガイドの「強力」さんは、下山してすぐにまた別のツアーを率いて登ることもあるそうです)
普段あまり運動をしない身にはかなりきついですが、
なんとか登りきれているのは、眼下に広がる景色やご来光の素晴らしさを味わいたいという気持ち、
なにより下山して帰る車中で窮屈な登山靴からサンダルに履き替え、ほっこりした時に富士山見て
あの富士山を登ったんだ」という達成感に浸れることです。
色々な登山者の方を見るのも楽しかったりします。
(すごく寒そうな軽装の若者、頑張って登っている小学生、色々な格好で登る諸外国の方などなど)
いつも下山した後は疲労感が半端ではなく「二度と登りたくない」と思うのですが、
1年もするとあの達成感やいままで1度として同じではなかった富士山の色々な姿を見たいという
欲求などで、つい誘われると登ってしまいます。
また世界遺産となりテレビなどでもよく富士登山が取り上げられていますが、それを見るにつけても
じわじわと登りたくなってくるので不思議です。
古来より人々が登り、信仰し、描き、時には噴火によって恐れられたりもした霊峰「富士山」。
登ったことのない方は一度登ってみてはいかがでしょうか?
何か新しい発見があるかもしれません。
富士山2
(阿部)

蝉時雨

「風ふく枝のなんとせかせか蝉のなく」
流浪の俳人、種田山頭火の句です。
新山口の山頭火
新山口の山頭火
ここ数年蝉の声が無性に気になるようになってきました。
博多某所の蝉の声
博多某所の蝉の声
この時期京都を起点にして西へ東へ移動していると、あちこちから聞こえてくる蝉の大合唱が
喧しいのは夏なので当たり前のことですが、東の例えば北陸や信州さらには東北で聞く蝉と、
西の四国や九州で聞く蝉の声とでは違うということに気づきました。
瀬戸内某所の蝉の声
瀬戸内某所の蝉の声
同じ九州でも博多駅や天神の繁華街で聞く蝉と、山間部の蝉では、どうも違うようです。
時期や地域さらには時間帯が変われば蝉の種類の生息分布図も異なるなど至極当然の話では
ありますが、それに38年間も気づかずに生きてきました。
日本海の蝉の声
日本海の蝉の声
…と言っても日本の蝉のほとんどの種類が広く北海道から沖縄まで隈なく分布しているので、
当然どこに行っても種類が混在していますが、「♪ミンミンミン」が多いのか「♪ジジジジジジ」が
多いのか、はたまた「♪シャーシャーシャー」なのか「♪ツクツクボーシ」なのか…
要は地方地方で蝉の世界にも派閥の勢力図があるということだそうです。
子供の頃、四国の田舎者だったので虫取り全般は好きでしたが、カメムシ目の蝉だけはどうしても
外見上の問題や、おしっこをひっかけられることに対して子供ながらにプライドの理由で好きにはなれず、蝉の声に耳を傾ける気がさらさらありませんでした。
熊本城の蝉の声
熊本城の蝉の声
しかし近年蝉の声にも地方色があると気づいてからはだんだん興味が湧いてきて、松尾芭蕉が
「岩に染み入る」と詠んだ世界観というか背景も何となく…理解できるような気がしています。
大正時代には芭蕉が奥州の道中で耳にした山形立石寺(山寺)のその蝉の種類がヒグラシなのか、
ニイニイゼミなのかで、山形生まれの斎藤茂吉が論壇でむきになってバトルを繰り広げていたそうですが、斎藤茂吉を大人げなくさせてしまうくらい、蝉の声はどうも一筋縄ではいかないようで…。
ウルトラマンと蝉の声
ウルトラマンと蝉の声
…かと思えば芭蕉とほぼ同時代を生きた井原西鶴はこんな句を遺しています。
「蝉聞きて夫婦いさかひ恥づるかな」
そんなこんなで私事ながら身を固めました。
「蝉の声を心静かに聞けるような、そんな侘・寂がわかる家庭を築きたい」
…そんな戯言を妻には言えず一人悶々とする今年の夏です。ジジジジジ。
(入江)

運転の供

こんにちは、16年前に新入社員だった入江です。
新入社員ともども倍旧のご愛顧を賜りますようよろしくお願いします。
先日、私が普段乗っている社用車が、2年半で10万キロに到達しました。
入江_10万キロ
単純計算で一か月に3333㎞走っていることになりますが、40近くなると、もう20代の頃ののようにほぼノンストップ7時間台で熊本まで運転するなどというようなことは体力的に出来なくなってきました。
必然的に各地の高速道路のサービスエリアに立ち寄る機会も増えたわけですが…。
「運転中、突然の睡魔に襲われた時は好きな曲をガンガンに聴けばよい」ということを聞きかじってからは、昔「誰が買うねん?」と思っていたCD販売のコーナーにも足を運ぶようになり…
入江_サービス
ふと意表をついてテレサテンなども買ってみるようになりました。
入江_テレサ
中にはなぎら健壱のトークライブのCDを置いてあるような、洒落のわかるスタッフさんのいるサービスエリアにも出会ったりなんかして…
入江_なぎら
新人営業の運転を助手席で見るにつけ、私も新人の頃のように初心に帰って安全運転を心がけようと思う今日この頃です。
おかげさまで自損事故一回を除き、この車では10万㎞もの長きにわたって無事故無違反を続けております。
<(_ _)>
(入江)